無職が会計士目指します!(旧働きながら会計士受験)

フルタイムで働きながら会計士を目指していました。現在無職にジョブチェンジしました。会計士試験突破目指して頑張ります!

5月短答受けるか悩みまする

time 2017/02/22

どもっす。

最近悩んでます。

タイトルにあるように次の短答式試験(5月28日)を受験するか悩んでいるのです。

sponsored link

受けようかなと思う理由

細かいことを上げたらきりがありませんが、主に以下のような理由から受けようかなーと思ったりしてます。

財務会計論を受験しなくてよい

正しい会計士試験短答式免除申請で書いた通り、免除申請が通ったので財務会計論を受ける必要がなくなりました。

過去に短答試験を受けたときに一番きつかったのが財務会計論だったので、ものすごく気が楽で、このことだけで受験を前向きに考えられます!w

12月は繁忙期の始まり

順当にいけば12月の短答突破を目指すべきなのですが、12月は税理士事務所の繁忙期の始まりです。

そう、みなさんおなじみ?年末調整です。

さらに年明けの法定調書、償却資産の申告の準備もあり地味に大変なのです。

対して5月はうちの事務所は比較的暇なので、今のうちに…って考えてしまいます。

チャンスは多い方がいい

短答式はマーク式の試験です。

少し前から解答の選択肢の組み合わせが変わったので、運で受かることは難しくなりましたが、依然としてラッキーで受かる可能性はあります。

そうでしたら現行受験回数に制限がない以上、受けられるだけ受けた方がいいのでは?という下手な鉄砲数うちゃ~的な考えですw

本番を練習にできる

どんな試験でもたいてい本番を想定した模擬試験があり、会計士試験でも短答・論文ともに各予備校の模試が存在します。

しかし、必ずしも本番と同じ難易度ではなかったり試験委員の傾向をとらえきれていなかったりします。(これは予備校にも限界がある話なのでどうしようもありません。)

何より、本番の空気は模試とは違います。

もう過去のことなのでぼんやりとしか覚えていませんが、何度も短答を受けた私はそう感じましたw

受けるべきではないと思う理由

上記のように思いながら「よし!受験しよう!」と思えないのは、今現在の各科目の仕上がり状態があまりよろしくないからです。

私が受験する科目は企業法、管理会計、監査論の3科目です。

このうち企業法は一応TACの講義で基本的な内容を一周しましたが、難易度が高いところは上級期にやるとのことで、全範囲を網羅しているわけではありません。

管理会計は今現在受講中ですが、こちらも企業法同様基本的な部分しかまだ講義で取り扱っていません。

監査論に至ってはまだ開講してすらしていないので、全く勉強していません!

3科目とも短答突破のためには5~6月にはじまる上級講義を受けなければなりません。

そのため、この状態で5月突破を目指すとなると、足りない部分をほぼ独学で補う必要があります。

しかも残された時間はもう100日もありません。

しかもだいたい3月の頭くらいまでは仕事で思うように時間取れないことを考えると、さらに時間は減ります。

試験までに使える可処分時間で未学習範囲を叩き込み、合格レベルに持っていくことは働きながらでは不可能だと、現状思わずにはいられません。

結局どうするの?

今現在ブログを書きながら決めあぐねています。

地味に高い受験料(19,500円)のこともあって、とりあえず申し込むということもできません。

まぁ、最近はじまったインターネット出願のおかげで3月2日が出願期限ですので、もう少し考えてみます。

受けるとしたらマジで合格するつもりで受験しに行くので、5月~8月組の人たちに「あいつなめやがって!(#゚Д゚)」とは思われないように頑張ります!


㈪・・・3時間43分

㈫・・・3時間5分

㈬・・・2時間20分

最近週の初めは頑張れるけど、中ごろで無理しすぎて後半勉強できないって流れが多かったので、今日は少し早めに切り上げました。

明日明後日がんばれば、仕事もかなりおちつきそうですので頑張るぞい!

sponsored link

down

コメントする






sponsored link