無職が会計士目指します!(旧働きながら会計士受験)

フルタイムで働きながら会計士を目指していました。現在無職にジョブチェンジしました。会計士試験突破目指して頑張ります!

人事評価への憤り

time 2017/01/25

どもっす。

今日は役員の方々が出張などでみんないなかったので、(繁忙期にしては)早くあがってきました。

当たりまえの話ですが、役員や上司はみな昭和生れです。

(つーか私と後輩1人以外みんな昭和生れ。)

だからか考え方が違うことがよくあるのです。

役員とか上司は新人や若い職員が(自分たちより)早く上がることをあまり快く思っていないみていで、はっきりとは言いませんが、態度とかに出ている気がします。

また、朝も目上の人より早くきて掃除したり先に仕事するのが当たり前と考えていて、実際に掃除のために早く来いと言われています。

ですが、一人上司に超人みたいな人がいて朝8時前くらいには来て夜9時10時まで平気で働き、さらには土日も出社するのです。

入所当初は私もさすがに一番早くに事務所にきて掃除しお茶出しをして、夜は最後まで残って掃除して・・・とやっていましたが、仕事しながらの初めての税理士試験で惨敗してから考え方が変わりました。

上司たちより必ず早くきて必ず遅く帰っていたようでは勉強時間が確実に確保できません。

 

そんなこんなで朝出社がだんだん遅くなり、帰りも少しずつ早くなっていたのですが、その態度が気に食わなかったみたいです。

資料整理していたらたまたま聞こえたのですが、役員たちのなかでの私は

「仕事より勉強優先で面倒事をやりたがらない。長続きしない可能性が高い。人間として未熟」

という評価がされているようです。

確かにあと数年でやめるつもりだけど、この評価って理不尽だと思うんですよね。

私の職場は変形労働時間制です。簡単に言うと残業時間が月45時間超えないと残業代が出ません。(厳密には固定残業代をもらってはいますがその分基本給があり得ないくらい低いので・・・)

ですので、残業を全くやらずに帰えらないと損するのです。

しかも、昇給の条件に担当数や入力処理数が関わってくるという建前なのですが、なんだかんだ理由をつけて仕事した分昇給してません。(つーか法人化してからまだ1度もしてない!)

つまり、努力が数値にほとんど表れないのです。

 

ただでさえ長期化しやすい働きながらの試験勉強。

そんな中で明確な対価がないから仕事に資本を投下するのをためらったりやめて、リターンが大きい(と思われる)資格勉強に投資するのは資本主義の中当たりまえだと思います。

しかし、役員たちが欲しい人材はただのイエスマン。どんなやっかいごとでも引き受けるイエスマン。

ちょっとでいいから自分たちが経験した働きながら税理士試験合格することの辛さを思い出してほしかったですね。

まぁ、私は会計士試験に乗り換えたのでwどーでもいいっちゃどうでもいいのですがw

いつかやめる時期について備忘録もかねて書きますが、かなり前倒ししようかと思いました。

最悪クビ切られてブログタイトル変えることになるかもしれませんwww


月曜日の勉強時間は2時間12分、昨日(1/24)の勉強時間は3時間33分でした。

あー早く辞めたいーーー!!!

でもクビにはされたくないw

明日も頑張ろう。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link